2018年 7月 18日 (水)

ソチ五輪主将適任!葛西紀明「いやあ、大役です」みんなを引っ張っていく陽気で目立ちたがり屋

印刷

   海外遠征の選手を除いて選手・役員合わせて126人が出席し、ソチ五輪の結団式・壮行会が20日夕(2014年1月)、都内のホテルで行なわれた。アイスホッケーやカーリングなど女子団体競技で出場枠を獲得し、冬季五輪で初めて女子選手の数が男子選手を上回ったという。

   選手団の主将を務めるのは、7回目の五輪に挑むジャンプの葛西紀明(41)だ。団結式では「一丸となってたくさんのメダルを取れるよう、精一杯頑張っていきたい」と決意を語った。

メダル目標「金」5個、計10個!ガンバレ

   「いつかはボクもと主将になりたい」と密かに思っていた葛西が思いをこうブログに書き込んでいた。

あと17日
「ななななんと!ソチオリンピック選手団の主将に任命されました。旗手でなく主将だよ、こんな名誉な事はないよね~、っていうか大役だ」

   長野五輪で旗手を務めたことがあるスピードスケート金メダリストの清水宏保はこう話す。「一番大変なのは主将だと思いますよ。行ける時は全競技の応援に行かなければならないし、五輪期間中だけでなく、終わってからもさまざまな会合にも出なければいけないんです。葛西さんはわりと目立ちたがり屋なんですよ。出たがりというか、陽気な方なんです。そういう意味では、『よし行くぞー!』って引っ張って行くには適任だと思います」

   司会の加藤浩次「開会式まであと17日。ムードが高まってきましたねえ」

   メダルの目標は過去最多の長野五輪と並ぶ金5個、総数で10個という。数で上回った女子選手の活躍が期待されるが、さていくつ取れるのか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中