田中将大きょう移籍先「決断」!?25日の交渉期限迫り絞られた有力3球団

印刷

   「朝ズバッ!」の今週のスポーツコーナーは、あと2週間ほどで開幕するソチ五輪の話題がゴリ押し、いや目白押しとなっているが、その前は本田HONDAオンダのミランデビュー&フィーバーがあり、さらにその前はマー君こと田中将大のMLB争奪戦情報で賑わっていた。

手続きなどに数日

   けさ22日(2014年1月)はそんなマー君情報が、スポニチ記事を紹介するかたちで地味に取り上げられた。「田中投手の争奪戦もいよいよ決着しそう」(小林悠アナ)というのである。

   移籍の交渉期限は25日で、交渉はギリギリまで続くと見られていたが、スポニチによれば、移籍の諸手続などに要する時間を考慮すると、田中はきょうにも移籍先を決断しておかしくないそうな。記事ではヤンキース、ドジャース、ダイヤモンドバックスの3球団が有力で、カブスは劣勢と伝えているという。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中