デヴィ夫人暴行騒動!「彼女を使うならそのくらいは覚悟しなきゃ」(テリー伊藤)

印刷

   番組収録中に暴行騒動を起こしたデヴィ夫人が22日午前5時過ぎ(2014年1月)、米国ロサンゼルスから帰国して東京・羽田空港に姿を現した。待ち構えていた報道陣が「お帰りなさい」と声を掛けると、「早朝ご苦労様」と答え、それだけ言うと足早に去って行った。しかし、警視庁は捜査を始めているという。

被害届受け警視庁は捜査

   騒動があったのは今月9日に行われたTBSのバラエティー番組収録中で、共演した一般女性の発言に怒ったデヴィ夫人が頬を3回平手打ちした。この女性から被害届の提出があった警視庁は捜査を開始したという。

想定内でしょ

   番組制作側が番組を面白くするために女性を煽ったのか、73歳になるデヴィ夫人が怒りを抑制できずに切れてしまったのか。司会の加藤浩次は「どういうことなの?」と聞くが、騒動を伝えた森圭介アナも「(制作側の)演出があったかどうかはまだ分かっていないんですね」とはっきりしない。

「示談金」で一件落着か

   隣でニヤニヤしていたキャスターのテリー伊藤は「デヴィさんを番組で使うっていうことは、こういうこともあるんですよ。面白いことを言うけど、ムチャクチャなことも当然あるっていうことを覚悟して使わないと。デヴィさんがどんなコメントをするかだね」とテレビ屋らしい発言だ。

   森「今後、警視庁の事情聴取が行なわれる可能性もありますが、示談という道もありますね」

   しょせん、バラエティー番組の出演者同士のトラブルだ。こうしたケースの示談金の相場は分からないが、豪邸に住むデヴィ夫人のことだ、起訴される道を選ばず、示談に持ち込むのだろうし、相手の女性もそれで納得するんじゃないか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中