オウム平田信の公判厳戒!中川死刑囚証言で法廷に防弾パネルや衝立

印刷

   死刑囚の心情に配慮して法廷に防弾パネルや衝立が置かれ、警備員が要所に配置された。異例の裁判が21日(2014年1月)に東京地裁であった。オウム真理教の元幹部・平田信被告の裁判員裁判の第4回公判だ。元教団幹部の中川智正死刑囚(51)が検察側証人として出廷し、自ら関わった仮谷清志・公証人役場事務長の拉致・殺害事件を詳細に証言した。

仮谷事務長拉致・殺害「平田は臨時雇いのパートみたいな存在」

   平田は仮谷事務長の拉致に関わったことは認めているが、拉致計画そのものは事前に知らされていなかったと主張している。知っていたのか知らなかったのかをめぐって、中川が法廷で何を語るかが注目されていた。中川はまず「仮谷さんの事件についてはまことに申し訳ありませんでした。ちゃんと証言しますのでよろしくお願いします」と述べ、次のように証言した。

意味大きい裁判

   平田が謀議の打ち合わせにいたのかどうかには、「そこまで記憶にない」と語った。路上で仮谷事務長を押し込んだときの様子について、「抱えるように押し込んだが、仮谷さんは『助けて、助けて、助けて』と声を出された」という。

   この後、中川は大量の麻酔薬を事務長に注射し、山梨県の教団施設に連れて行って、揺すったり叩いたりして妹の所在を聞き出そうとしたが聞き出せず、さらに大量の麻酔薬を投与した。中川が15分ほど離れて戻ると、事務長は死亡していたという。遺体は施設内で焼却し、遺灰は本栖湖に捨てたという。

   傍聴したリポーターの阿部祐二はこう報告する。「事件から19年たち、中川死刑囚がなんとか思い出して事実を伝えようという気持ちでいることは伝わってきました。平田被告が事前に謀議に参加していたのかについては『記憶にない』と証言したが、『でも、こういうことは言える』として、『(平田が)非常に影の薄い、臨時雇いのパートみたいな存在だった』と話しました。平田の主張にちょっと傾いているのかなという感じをうけましたね」

裁判員初めて死刑囚に直接質問

   中川がオウム真理教に入信するきっかけが平田とのかかわりだった。中川の証言によると、京都府立医大に通っていたときに、「体の中を光がのぼったり、犬の声が人の話に聞こえる理不思議な体験をしました。雑誌などで知っていたオウム真理教に電話で相談したとき、受けたのが平田被告だった。非常に丁寧に真面目に話してくれたという印象でした」と証言した。

   その電話をきっかけに、中川はオウムのヨガ道場に通うことになるが、このときの好印象が中川の運命を変えたともいえる。

   評論家の宮崎哲弥「事件に無関心な若い人が増え、オウムの流れをくむ団体に入る人もいます。11件、25人の死に関与したオウム事件をもう1度考え直すのに、この裁判は意味があるとおもいますね」

   裁判員による死刑囚への質問は初めてだが、阿部によると今回の裁判員の多くは20歳代後半という。2月3、4日に開かれる公判には、仮谷事務長拉致事件のリーダーだった教団幹部の井上嘉浩死刑囚が出廷する。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中