ニューヨーク市長「フォークゲート」スキャンダル!フォークでピザ食べ非難轟々

印刷

   昨年末(2013年)に米国ニューヨーク市長に当選したビル・デブラシオ氏がスキャンダルに見舞われた。それもただのスキャンダルではない。「ピザスキャンダル」である。市長は市内スタテン島のレストランで出てきたピザをナイフとフォークを使って食べた。地元のテレビや新聞は「フォークゲート」と騒ぎ立て、「犯行」動画もあれこれアップロードされている。

正しいアメリカン式「縦に折り曲げて手づかみ」

   もちろんこれは面白半分、冗談半分の騒ぎとはいえ、ピザにうるさいニューヨーカーにとっては、本当に許せない出来事かもしれない。筆者もかつてニューヨーカーからピザの食べ方をご指導いただいたことがあった。大きめのピースを折り曲げて持って、半サンドウィッチ状にして食べるのがスマートであり、かつウマいのだ、と。もちろんナイフとフォークなどは論外だ。

   イタリア系のルーツを持つニューヨーカーの市長は「イタリアではナイフとフォークで食べるのが伝統で、私もそれに親しんできた。でも、ときにはアメリカンな食べ方(手づかみ)もしてますよ」などと釈明している。

   市長は選挙でニューヨークの格差是正などを訴え、庶民の味方と目されていただけに、就任早々、思いもよらぬところで庶民との格差が露呈してしまったようである。

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中