2019年 9月 17日 (火)

都知事選「原発国民投票」大いに結構!3・11福島以降もスルーしてきた「この国の最大事」

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

舛添ホンネは「親原発」!持ち馬の名前はアトミックサンダー(原子の稲妻)

<「舛添さんの本音は、原発の再稼働です。(中略)舛添さんは、脱原発の有権者を刺激したくなかったから曖昧なことを言っただけに過ぎません。なにせ、一億円以上稼いだ馬の名前がアトミックサンダー(原子の稲妻)ですからね。そもそも彼は参院議員時代から親原発で、新聞に原発の必要性を説いた文章を寄せたこともあるほどです」>

   都知事選が始まった。細川護煕候補の出馬でがぜん「脱原発か否か」が争点になってきた。票読みもそうだが、週刊誌も細川応援派と中間派、反細川派に分かれて喧しい。

   先のコメントは『週刊新潮』の「ニュースがやらない『都知事選』重大ニュース」の中で舛添氏の競馬好きについて自民党関係者が語ったコメントである。週刊新潮は原発再稼働については前向きだから、スタンスとしては非細川のようだ。

   私は知らなかったが、舛添氏は大変な競馬好きで、これまでに所有した競走馬は個人、共同、一口馬主を含めると少なくとも25頭を所有しているという。そのうちの1頭が大化けしたそうだ。競馬記者がこう振り返る。

<「東京の大井競馬場は、地方競馬では最大規模を誇ります。その最大のレースは東京ダービー。舛添さんの持ち馬が1997年、98年と2年連続で勝利したのです」>

   さらに、このアトミックサンダーは戸塚記念などでも勝利し、生涯成績は16戦8勝で、獲得賞金の総額は1億1006万5000円に上ったという。「女性はともかく、馬を見る目は確かです」とその競馬記者も太鼓判を押している。

   都知事候補ともなれば、競馬馬の名前からも『親原発』だといわれてしまうのだが、たしかに舛添氏は「東電全原発停止でどうなる電力危機」と題した文章を2003年4月26日付の産経新聞に寄せている。

<京都議定書で掲げられた地球温暖化ガス6%の削減目標に到達するのは容易ではない。もはや、石油や石炭を多用するわけにはいかないのである。この点でもクリーンな原発の重要性を正当に位置づけるべきである>

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中