田中将大NY暮らし「住居は超高級トランプ・ワールドタワー」ビル・ゲイツも入居

印刷

   「ヤンキースに憧れはなかった。今はヤンキースタジアムのマウンドに立つことが一番の楽しみ」と田中将大投手はきのう23日(2014年1月)の会見でこう話した。

   司会の小倉智昭が「田中選手は高校生の時、高校選抜メンバーの一員としてヤンキースタジアムに行っているよね」

   田中大貴アナ「たしかにスタジアムのベンチで松井秀喜選手と会っています。でも、会見でニューヨークの印象を聞かれて、天気も悪かったので良く覚えていないと答えていました」

   では、田中のニューヨーク暮らしはどんな具合になるのか。

家賃は月650万円。下階の日本料理店ステーキ1万8000円。税金は年収の半分

   横野リポーター「田中選手のニューヨークでの生活拠点になるのではと思われているのが、マンハッタンにある超高層豪華マンションのトランプ・ワールドタワーです。このマンションにはビル・ゲイツ氏や、最上階にはビヨンセ夫妻などが入居しています。賃貸ですと、家賃は月額約650万円。下の階には日本料理店などもあり、このお店で霜降りステーキを食べると、ステーキだけで1万8000円前後です」

税金高い

   小倉「田中選手の契約は7年間で約162億円。年収に直すと22億円強。アメリカは税金が高いといわれているけど、どのくらいになるのかねえ」

   田中「税率は50.1%です。年収22億円ならその半分の11億円を納めなければなりません」

選手の奥さん同士でたびたびパーティー!里田まい大丈夫?

   横田は選手の妻たちの違いも紹介した。「日本では、選手の奥さんは家で夕食の支度をして帰りを待ちますが、アメリカではほとんどスタジアムに行きます。夫人同士の交流も活発で、夫人たちだけのパーティーがたびたび開かれますが、費用はパーティーを最初に言いだした人が負担します。日本のように割り勘でというのはありません。夫よりも妻の方が英語を話せないと、という一面があります」

   田中は会見で「アメリカのファンに一言」と促され、「まだ英語がしゃべれないから」と苦笑い。試合では通訳が付くが、日常生活で田中夫婦は大丈夫か。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中