東京・原宿駅前「名物歩道橋」消えた!老朽化とおしゃれな景観の邪魔

印刷

   JR原宿駅前の名物だった「く」の字型の横断歩道橋がきのう26日(2014年1月)未明に姿を消した。表参道と駅前通りとの変形三叉路にかかり、原宿へ行けば誰もが渡った歩道橋だが、老朽化と景観を損ねていたため撤去された。ブリッジの脚と階段部分はまだあるが、今週金曜くらいにはこれもなくなる。

周辺住人高齢化で「上り下りキツイ」

   撤去作業は午前1時から始まった。長さ20メートルの橋桁が切断され、ブロックごとにクレーンでトレーラーへ。午前3時半には道路部分の橋桁は見事になくなった。代わりに、当たり前だが、横断歩道ができた。40年ぶりに人が地上を歩けるようになった。

よくなった

   けさの原宿。道行く人は「あら、ない」「どうしてなくなっちゃったのかしら」とびっくりしている。「見通しがよくなった」「イメージ変わる」「スッキリはしたけれど…さびしい」とさまざま。なかには、気づかずに歩道を渡ってる人もいただろう。

   表参道はいわずと知れた明治神宮への正面入り口だ。JRをまたぐ橋から代々木公園にかけての一帯は、かつて竹の子族の根城でもあったし、竹下通りのフィーバーから近年のクリスマスのライトアップまで、歩道橋はずっと見守ってきた。しかし、地元商店街は老朽化を懸念して、10年前から撤去を要請していた。また、高齢者は歩道橋を上るのはきつい。

   そして、何よりも表参道から神宮を望んだときに景観を損ねていた。ではあろうが、これだけ長く損ねていれば、それは立派な歴史だろうに。なくなってみれば、狭く肩触れ合うように渡ったのが懐かしい。歩道橋の上から撮った写真はもはや貴重品というわけだ。

明治神宮の眺めすっきり

   前田典子(モデル)「この前、渡りましたけど」

   司会の羽鳥慎一「貴重だったんですよ(笑い)。見通しが悪いという声があったんですか」

   小松靖アナ「あったんです」

   撤去後の写真を出して、そこへ橋のイメージを乗せてみせた。なるほど、すっきりしてる。

   前田「橋の上からイルミネーション見たり、眺めよかったんですけどね」

   青木理(ジャーナリスト)「歩道橋は1968年にできてるんですね。当時、車が増え、交通戦争で事故が増えて作った。たしかに、電信柱とか歩道橋は景観はよくないですよね。とくに歩道橋は、元気ならいいが、お年寄り、車イスの方には大変です」

   前田「横断歩道だと渋滞になるかも」

   石原良純(タレント)「いま都心は確実に車が減ってよくなっていますよ」

   青木「全部うまくいく方法はないと思うが…」

   前田「ここで映画撮りました」

   羽鳥「ここで出会い、別れ。あると思いますが」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中