「ごちそうさん」とまらない快進撃!右肩上がりの視聴率―すでに「あまちゃん」超え

印刷

   NHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」の快進撃が止まらない。週平均視聴率は11月の6週目と年末年始を除くとずっと右肩上がりなのだ。これまでの視聴率を平均すると22~23%で、これは大人気だった「あまちゃん」を大きく上回る。

   NHK朝ドラは1989年の「和っこの金メダル」あたりまでは平均視聴率は30%台後半から40%(「おしん」の52・6%というお化け数字もあった)の時代が続き、その後数年は30%半ばとなり、1994年の「ぴあの」以降は20%台、2003年「てるてる家族」からは10%台となった。2012年の「梅ちゃん先生」でようやく20%台を回復し、「あまちゃん」も20・6%と大台に乗った。「ごちそうさん」はそれらよりもハイペースで、このままいけば25%超えと十数年ぶりの高視聴率ドラマになるかもしれない。

   「ごちそうさん」は今週から日中・太平洋戦争で食料品が不足するなか、ヒロインめ以子が苦労して食事や菓子を作る話が続く。2月以降は「ごちそうさん」の番組タイトルの秘密も明かされる。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中