京大と理研が大真面目に研究・調査「カエルは童謡のように本当に輪唱している」

印刷

   童謡「カエルのうた」は輪唱になっているが、本物のカエルも輪唱していることがわかった。調べたのは理化学研究所と京都大学だが、どうやって解明したのか。「カエルホタル」というスマホくらいの大きさの装置にはマイクとLEDライトがついていて、近くで音がすると光る。これをニホンアマガエルの生息するところに40台置いて5日間記録した。

メスに気付かせるために「交互にズレ」

   映像を見ると、真っ暗闇にずらりと並んだLEDがただ点滅しているだけのようだが、実はグループごとに鳴くタイミングをずらしていることがわかった。アマガエルのオスは1匹おきの2グループに分かれて、交互に1秒に3回鳴いていた。

何かの役に立つか

   理研脳科学総合研究センターの合原一究・研究員は「交互に鳴く理由のひとつはメスを呼ぶためです。つまりは求愛の歌で、交互に鳴いた方が遠くにいるメスに届きやすいというわけです」という。しかし、隣のオスとは一緒に鳴かない。小松靖アナは勝手に「縄張り意識」と解説した。「交互にやっているうちにだんだんぴったり合ってくるんだそうです」

   合原研究員は「ニホンアマガエルに関して詳しく調べたのは、ボクらが初めてです」と胸を張る。萩谷順(法政大学法学部教授)は「何の役に立つかわからないけど、すごく楽しい研究ねだよね。イグ・ノーベル賞の候補になりますよ」

今年の「イグ・ノーベル賞」最有力候補?

   小松「合原先生は京都大学出身です」

   京大出の宇治原史規は「京都大学には多いんですよ。イグ・ノーベル賞みたいなのが。同級生で、毎日通学している自転車でカイワレ育てていたのがいました」(爆笑)

   司会の羽鳥慎一「何かの役に立ったんですか」

   宇治原「まったく目的はわからない」

   羽鳥「この鳴き声も、周りから見たら何してんの?ですよね」

   小松「科学的に実証したというのが今回の成果といえます。イギリスの科学雑誌に載りました」

   松木安太郎(サッカー解説者)「雑誌に載ったの?」

   いやいや、イグ・ノーベル賞だって第一条件は正式発表ですからね。

   小松「今後は別の種類のカエルで調べるそうです」

   その前に、「カエルホタル」という装置は、防犯とか難聴者の補助など他にも使い道がありそうだよ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中