盗みも盗んだりハイヒール450足!銀座の高級クラブから失敬してネットカフェに保管

印刷

   新・万能細胞のSTAP細胞とともに、けさ30日(2014年1月)の「朝ズバッ!」で「スゴイなー」と声が上がった出来事があった。科学的新発見とは縁もゆかりもない事件である。

   ずらりと並んだハイヒールと、スポニチ記事をもとに番組が伝えるところでは、東京・銀座の高級クラブからハイヒールを盗んだ疑いで28歳の男が御用になった。男が滞在していたネットカフェのブースからは、ハイヒール約450足が出てきたそうな。

「新品は興味ない。クラブの更衣室は宝箱」

   男は誰かが履いたハイヒールを頂戴することに快感を覚えており、「クラブの更衣室は宝箱だった。新品には興味がない」などと供述してるという。

   北川正恭・早稲田大学大学院教授「ネットカフェの1畳にどうやって450足を置いとくんですか」

   スタジオの見解では(10万円もするような高級靴含め)無造作に積み重ねておいた可能性があるそうな。せっかく盗んだ靴の扱いはぞんざいだったようだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中