2019年 11月 13日 (水)

割烹着の研究者・小保方晴子さん iPS細胞越える画期的「万能細胞」英科学誌も仰天

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
「大変かわいらしい割烹着姿の女性が、生命科学の歴史を塗り替えるかもしれない大変な研究結果を発表しました」

   司会の小倉智昭がカメラの正面を向いて微笑みかけている女性を紹介する。「小保方晴子さん(30)とおっしゃるのですが、どんな細胞にも変化する万能細胞をまったく新しい方法で作ることに成功しました。万能細胞というと、京都大学の山中伸也教授のiPS細胞を思い浮かべますが、小保方さんの研究チームは常識では考えられないほど簡単に万能細胞を作る方法を見つけたというんです」

突っ返された最初の論文「ありえない!生物学を愚弄している」

   万能細胞には受精卵を壊して作るES細胞や、遺伝子操作によって人工的に作り出すiPS細胞があるが、小保方さんがリーダーを務める理化学研究所の発生・再生科学総合研究センターのチームの作り方は実に簡単だ。マウスの細胞を弱酸性の液体に25分ほどつけて刺激するだけというもので、英科学誌『ネイチャー』に論文を送ったところ、最初は「何百年にもわたる細胞生物学の歴史を愚弄している」と突き返されたという。それほど、独創的で画期的だったのだ。

ノーベル賞?

   STAP細胞と名付けられ、2度目に送った論文がきょう30日付(2014年1月)『ネイチャー』の巻頭論文として掲載される。小保方さんはおととい28日の会見で発見までのいきさつをこんな風に語っている。

「周りの人に言っても、きっとそれは間違いだという反応だったので、夜寝る前に、あす失敗したらやめよう、きょう1日だけは頑張ろうと思っていたら、5年たってしまったという感じです」
文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中