高須クリニック「明日ママ」応援!「少年時代に『白豚』といじめられたが、ブタのグッズが大好きだった」

印刷

   「高須クリニック」の高須克弥院長(69)がドラマ「明日、ママがいない」(日本テレビ系)のCM枠を購入すると申し出たが、特定の時間帯に流される「タイムCM」の契約交渉が進まず、1月30日(2014年)には時間帯に関係ない「スポットCM」へと舵を切ったようだ。

   いわゆる「赤ちゃんポスト」に預けられたから「ポスト」、コインロッカーに入れられたから「ロッカー」などのあだ名が悪い印象を与えているとされるが、高須はツイッターで「僕は少年時代、田舎の子供たちに『白豚』と呼ばれて壮絶ないじめを受けたが、ブタのグッズが大好きだ」と実体験を交えて反論している。

   また、6歳のころ初めて読んだ漫画が「雑誌『おもしろブック』に連載されていた馬場のぼるの『ポストくん』だった」という。「ポストくんが大好きなんだ」と語り、主人公が同じく「ポスト」と呼ばれている「明日ママ」への親近感を見せた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中