いとうせいこう「STAP細胞の小保方晴子さんと高校・大学とも同じ。面白いなあ人生」

印刷

   マルチタレントのいとうせいこう(52)がSTAP細胞の作製に世界初成功した「理研発生・再生科学総合研究センター」小保方晴子さん(30)とは同窓だったと1月31日(2014年)にツイッターで語った。いとうは東邦大学附属東邦高校(千葉県)出身だが、小保方さんも「俺と同じ高校」だったという。

   また「大学も同じ早稲田出身だった」と喜んでいる。いとうは法学部、小保方さんは理工学部と学部は違えど同窓だ。「あそこに通った人なのか、駅からあの道を歩いて」と思いを馳せて、「面白いなあ、人生」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中