ソチ五輪あと2日!おもてなし好評の選手村―だしのきいた味噌汁も用意

印刷

   ソチ五輪まであと2日。日本選手団の表情や現地の様子を高畑百合子アナがソチから伝えた。

   今回の五輪から加わったスノーボードスロープスタイルは、6日(2014年2月)から予選が始まる。かなり難しいコース設定といわれるだけあって、練習中に転倒、骨折して本番に出られなくなったメダル候補の選手いる。金メダルが期待される角野友基選手(17)は、「緊張するとけがをするので、リラックスしないと…」と練習でも華麗な技に挑戦していた。

   男子フィギュアの金メダル候補・羽生結弦選手(19)はリンクで元気よく得意の4回転ジャンプを披露して、会場のスタッフたちから拍手を送られていた。

2月15日には「隕石メダル」巨大落下から1年目

   金、銀、銅メダルも公開された。氷の結晶がデザインされた直径10センチ、厚さ1センチと重そうだが、銀と銅メダルは色が似ており区別がよく分からない。

   コメンテーターに加わった元バトミントン選手の潮田玲子は「500グラムぐらいの重さがあるっていいますが、ずっしり重みを感じていいかもしれない」という。このメダルのほかに、昨年2月15日にロシア南部に落下した隕石にちなんで、隕石の破片をはめ込んだ特別な「隕石メダル」も公開された。1年目にあたる15日に金メダルを獲得した選手にだけ贈られるという。

   選手村も公開された。五輪に何度も出場しているベテラン選手によると、これまでの五輪のなかで一番環境がいい。高畑アナも「栄養管理が至れり尽くせり。だしがきいた味噌汁もあります」と伝える。

心配な「五輪テロ」各国に選手誘拐などの脅迫

   もっとも、こんなハプニングもあった。インターネット上に便座が2つ並んだソチのトイレの映像が流れ、「並んで用を足すのか?」と話題になった。実は工事中の映像を誰かが撮影してネットに流したもので、今は仕切られて個室のトイレが完成しているという。

   心配もある。五輪テロだ。オーストリア五輪委は2人の女子選手を誘拐するという脅迫状が届いたことを明らかにした。ソチ五輪では、テロを予告するメールが各国の五輪委に送りつけられている。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中