2018年 8月 15日 (水)

佐村河内守「別人作曲」でNHK平謝り!情報番組やNスぺで推し紹介

印刷

   聴力を失い、現代のベートーベンといわれている人気作曲家・佐村河内守が、自分では作曲せず、知人が「ゴーストソングライター」として作曲していたことが明らかとなり、NHKは5日(2014年2月)、朝から各番組で謝罪しっぱなしとなった。NHKは12年11月の情報番組「情報LIVE ただイマ!」で佐村河内を紹介し、その直後から「交響曲第1番『HIROSHIMA』」のCDがクラシックとしては大ヒットとなり、昨年3月には東日本大震災で被災した子供たちのために曲を作るドキュメンタリー、NHKスペシャル「魂の旋律~音を失った作曲家」を放送した。

   NHKは「NHKニュース おはよう日本」(あさ7時)で、佐村河内が「作曲は別人」と認めていると伝え、こう謝罪した。「取材や制作の過程で検討、チェックを行いましたが、本人が作曲していないことに気付くことができませんでした。視聴者の皆さんや番組の取材で協力していただいた方々に深くおわびします」

   その後の定時ニュースややはり番組で取り上げていた「あさイチ!」でも同様の謝罪を流した。

   民放ではTBSやテレビ朝日がいくつかの番組で作曲者・佐村河内と紹介したとして「視聴者の皆様におわびします」とニュース番組などで謝罪した。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中