五輪メダル予想「小倉vsデーリースポーツ」因縁の対決!これまで1勝1敗2分け

印刷

   もはや恒例か? 五輪のメダル予想なんて他愛もない居酒屋談義のはずだが、司会の小倉智昭が臆面もなく数をあげるもんだから、「デイリースポーツ」紙がかみついて、とうとう因縁の対決になっちゃった。2004年のアテネで始まり、ソチは5度目の決戦となる。

ソチの皮算用!小倉「「金4、銀1、銅10」 デイリー「金3、銀2、銅7」

   デイリースポーツは先月30日(2014年1月)の紙面で、小倉に挑戦状を叩き付けた。「『とくダネ!』の小倉智昭キャスターのメダル予想対決はこれまで1勝1敗2分け。小倉さん、決着のときがやってきました!」と挑発する。

勝ったな

   いきさつはこうだ。2004年のアテネ五輪で小倉は「金が16」を含めメダル計38個と予想した。デイリーはこれを「まさか」と冷やかし気味に伝えたのだったが、結果は金の16はピタリ、総計でも37個でほぼ的中した。

   次の08年の北京では、小倉が「(アテネでは開催前に)とんでもないこといいやがったと書かれた」とデイリーをやっつけ、「金12、銀銅23」と予想したが、このときはデイリーが勝利。これで1勝1敗。

   次の10年バンクーバーで小倉は「金1銀4銅5」としたが、結果は「3、1、6」で、デイリーもはずれて引き分け。12年のロンドンで小倉は「金13」と打ったがはずれ、デイリーもはずれてまたも引き分けだった。だから、いまはイーブンだ。

   そしてソチ。デイリーは「金3、銀2、銅7」と読んだが、小倉は「金4、銀1、銅10」と見た。金の浅田真央、高梨沙羅は両者同じだが、あとが違う。 デイリーはスピードスケートの加藤条治、小倉は「控えめです」といいながらフィギュアの羽生結弦、スノーボードの角野友基を選んだ。小倉の予想には、加藤と上村愛子が入っていない。

デイリー編集部デスク「今回で決着つける」

   デイリースポーツの中山伸治デスクは「いつも呼びかけに応えていただいてありがとうございます。今回で完全決着をつけますんで、ショックで寝込まないでください」といい、「寝込んだら芸能欄に載せる」と『警告』している。

   菊川怜キャスター「小倉さん勝ったらどうしますか」

   小倉「控えめといったでしょう。最高までいけば22とか23もあるはず。愛子ちゃんメダルを獲ってほしいですよ。でも、獲るというと獲れないんで、あえてはずしたんです」

   田中大貴アナ「小倉さんが勝ったら、1面か裏の1面で伝えてくださいとお願いしてきました」

   その中山デスクが電話に出た。小倉は「この予想は何人ぐらいでやるんですか」と聞く。

   中山「現地へ行くメンバーを中心に」

   小倉「そうですか、数多くの知能を結集しているわけだ。私の場合まったく1人ですからね。(デスクに)1度飲まなきゃといいながら、いまだに実現してないですね」

   小倉は最後に「いずれ結果がでますから、よろしく」と電話を切ってから、「勝ったな」(爆笑)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中