佐村河内いまだ釈明なし「近くなんらかの声明を発表するつもり」

印刷

   「現代のベートーヴェン」あらため現代のミリ・ヴァニリ問題できのう6日(2014年2月)、作曲家・佐村河内守氏のゴーストライターをつとめていた新垣隆氏が会見を行った。きのうの「モーニングバード!」の情報からさほどの上積みはなく、そのかわりに、現代のベートーヴェンは耳が聞こえないと偽っていたのかどうかがもっぱらの争点となった。

代理人の弁護士「耳が聞こえないのは本当だ。聴覚障害2級を確認している」

   新垣氏は会見で佐村河内氏が「耳が聞こえないとは思わない」「普通に会話していた」などとして、聴覚障害者を装っていたと指摘した。この点について、代理人弁護士は「耳が聞こえないのは本当だ」などと反論した。彼は耳元で叫び声を上げられても気付かないほど耳が聞こえない状態の聴覚障害等級(2級)と公に認定されているという。

   飯田泰之(明治大准教授)「全ろう状態でも流暢に喋れる方はけっこういる。(耳の話は)まだわからないので、(佐村河内の)コメントを聞きたい」

   佐村河内氏は体調が悪く会見などを行う予定はないが、近くなんらかの声明を発表するつもりという。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中