2018年 7月 20日 (金)

佐村河内いまだ釈明なし「近くなんらかの声明を発表するつもり」

印刷

   「現代のベートーヴェン」あらため現代のミリ・ヴァニリ問題できのう6日(2014年2月)、作曲家・佐村河内守氏のゴーストライターをつとめていた新垣隆氏が会見を行った。きのうの「モーニングバード!」の情報からさほどの上積みはなく、そのかわりに、現代のベートーヴェンは耳が聞こえないと偽っていたのかどうかがもっぱらの争点となった。

代理人の弁護士「耳が聞こえないのは本当だ。聴覚障害2級を確認している」

   新垣氏は会見で佐村河内氏が「耳が聞こえないとは思わない」「普通に会話していた」などとして、聴覚障害者を装っていたと指摘した。この点について、代理人弁護士は「耳が聞こえないのは本当だ」などと反論した。彼は耳元で叫び声を上げられても気付かないほど耳が聞こえない状態の聴覚障害等級(2級)と公に認定されているという。

   飯田泰之(明治大准教授)「全ろう状態でも流暢に喋れる方はけっこういる。(耳の話は)まだわからないので、(佐村河内の)コメントを聞きたい」

   佐村河内氏は体調が悪く会見などを行う予定はないが、近くなんらかの声明を発表するつもりという。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中