2018年 7月 23日 (月)

「STAP細胞」ヒトで成功!米ハーバード大―実用化も時間の問題?

印刷

   この1週間というもの、STAP細胞フィーバーがとまらない。この「モーニングバード!」もかっぽう着ブームを大々的に取り上げたりしているが、その間にもSTAP研究のほうはあれよあれよという感じで進んでいるようだ。

歩けないサルが歩けるようになった

   アメリカのハーバード大学が「ヒトでSTAP細胞の可能性のある細胞をつくることに成功した」(小松靖アナ)そうである。ほかにもサルからつくったSTAP細胞を脊髄損傷で歩けないサルに注入して歩けるようにした事例があるそうである。

大変なこと…

   「ヒトもその延長で、あとは時間の問題なんじゃないか」(小松)という夢のような話に、羽鳥慎一キャスターも「へー」「大変なコトが起きてますよ」と、めずらしく実感がこもったような声でオドロいていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中