「STAP細胞」ヒトで成功!米ハーバード大―実用化も時間の問題?

印刷

   この1週間というもの、STAP細胞フィーバーがとまらない。この「モーニングバード!」もかっぽう着ブームを大々的に取り上げたりしているが、その間にもSTAP研究のほうはあれよあれよという感じで進んでいるようだ。

歩けないサルが歩けるようになった

   アメリカのハーバード大学が「ヒトでSTAP細胞の可能性のある細胞をつくることに成功した」(小松靖アナ)そうである。ほかにもサルからつくったSTAP細胞を脊髄損傷で歩けないサルに注入して歩けるようにした事例があるそうである。

大変なこと…

   「ヒトもその延長で、あとは時間の問題なんじゃないか」(小松)という夢のような話に、羽鳥慎一キャスターも「へー」「大変なコトが起きてますよ」と、めずらしく実感がこもったような声でオドロいていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中