大島美幸・鈴木おさむ「妊活商売」?売れっ子芸人の産休ほっとくわけない吉本のそろばん勘定
<ノンストップ!>(フジテレビ系)

印刷

   前の週に妻の森三中・大島美幸が5月から『妊活』のために休業すると宣言した。それを受けて、この日の番組では「独占!夫・鈴木おさむ胸中告白」として鈴木のインタビューを放送していた。
   要約すると、「芸人としてやっている以上は120%の力でやるべきだが、彼女の仕事は体を張ることが多く、妊娠しても、たとえば黒沢と相撲を取るとき、黒沢が気を遣って力を緩めるのもどうかと思う。芸人として力を出せないのなら休んだほうがいい」ということだった。大島は以前に流産したことがあり、「あの時と同じ涙を流して欲しくない。僕ができることがあればアシストしたい」とも言う。
   なんと協力的な夫。さすが「パートナー・オブ・ザ・イヤー2009」に選ばれた理想の夫婦、美しい夫婦愛ではないか。そう思う一方で、この夫婦のことだから、どうせまた『妊活』でひと稼ぎを目論んでいるんだろうなという気もしないではない。そもそも、あの吉本が売れっ子の大島をみすみす休業させるわけがない。なにか裏があるはずだ。後でしっかり回収できるという算段があって『妊活休業』を許可したのではないだろうか。
   鈴木の発言に「僕らしかできない方法で、前向きにやっていこうという気持ちです」とあったので、やっぱりなと思ったら、さっそくある女性誌が「妊活商売」と書き、これに鈴木が自身のブログで反論、お怒りだとか。図星を突かれたからか。しかし、よく激怒する夫婦だこと。そうカリカリしなさんな。(放送2014年2月3日9時50分~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中