あす未明「フィギュア男子」羽生結弦VSパトリック・チャンで金メダル争い

印刷

   フィギュアスケート男子シングルは、羽生結弦(19)がショートプログラムで史上初の100点超えという演技を披露して1位発進した。ソチで取材している高畑百合子アナは「史上最高得点が発表されると、各国の旗が舞い、国を越えて喝采、スタンディングオベレーションが起きてました」と会場の興奮を伝えた。

「史上最高得点」でも不満足!「納得できるすべりにはまだほど遠い。足が震えていた」

   羽生の得点は101.45、2位カナダのパトリック・チャン(23)が97.52、3位スペインのハビエル・フェルナンデス(22)が86.98、高橋大輔(27)は4位で86.40、町田樹(23)は83.48で11位だった。

かっこいいね

   ゲストの元五輪フィギュア選手の村主幸枝の解説によると、史上最高得点をマークした要因は「最初のジャンプの4T(クアッドトーループ)で9人の審判のうち7人が最高点をつけたほか、スピンなどそれぞれの要素をきっちり決めこと」という。

   コメンテーターの八潮圭子(元アナウンサー)「ブラボーという感じですね」

   パトリック・ハーラン(タレント)「ロック調に合わせた動きはこっちまでストレス解消になる」

   毎日新聞論説委員の与良正男はこんな評価をする。「かっこいいね。新しい日本人のタイプ。体形もそうだし、表現力とか精神的なタフさとか、まったく新しい日本人の男が出てきた」

   ところが、羽生本人は「まだまだほど遠い。足が震えていた」と満足していない。次のフリーの演技は日本時間15日未明に行われるが、1位の羽生と2位のチャンは群を抜いているが、3位のフェルナンデスから町田までの差は3ポイント前後でひしめきあっている。

   村主「4回転ジャンプが成功するか失敗するかで大きく変わってきます。町田選手も十分メダルラインに乗れる可能性があります」

4回転ジャンプが勝敗の分かれ目

   滑走順位も微妙な影響がある。日本人選手で最初に滑るのは3組18番の町田、次いで4組19番のフェルナンデス、同じ組で20番の高橋、21番の羽生、最後に22番のチャンの順だ。村主は「町田選手はフェルナンデスよりも前で、羽生選手もチャンより前で滑れるので精神的にはいいですね。でも、チャンが前を滑る羽生選手の出来を見て、4回転を2回連続でやるかどうか変わってきます」と見る。

   八潮「羽生選手も4回転を2回やらないんですか」

   村主は「練習を見ていると4回転サルコと4回転トーループの確率はかなりいいので、後はコーチと相談してとなるでしょうね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中