2018年 7月 19日 (木)

<1年前のワイドショー>ロシアに隕石落下!ソチ五輪で破片はめ込んだ特別メダル―1年目の15日優勝者にプレゼント

印刷

   1年前の2月16日(2013年・日本時間)、ロシア中部のチェリヤビンスク市に有史以来最大と思われる隕石が落下した。直径17メートル、重さ1万トンで、音速の50倍の秒速18キロのスピードで大気圏に突入した。隕石は普通は大気圏で燃え尽きてしまうが、この大きさになると途中で爆発し、7つのブロックに分かれた地上に達した。幸い人家のある地域には落下しなかったが、衝撃波でかなりの被害が出た。

   ワイドショーは<人類初めての経験?隕石落下の衝撃波で怪我人1000人以上>(日本テレビ系「スッキリ!!」)と伝え、<隕石落下!東京直撃だったら被害者10万人単位「落ちない保証なし」>(フジテレビ系「とくダネ!」)、<「ロシア隕石」旅客機に直撃寸前!「すごい光が目の前を横切った」(機長)>(TBS系「朝ズバッ!」)と視聴者を脅す。もっとも、人的被害がなかったことで、<ロシア「棚から隕石」住民さっそく便乗商売―庭に落ちてたから売って酒代に>(TBS系「朝ズバッ!」)と住民たちはちゃっかりしたものだった。

   ちゃっかりと商売ということでは、ソチ五輪の開催委員会も隕石に便乗している。<ソチ五輪あと2日!おもてなし好評の選手村―だしのきいた味噌汁も用意>という「朝ズバッ!」報道(2014年2月5日)によると、「昨年2月15日にロシア南部に落下した隕石にちなんで、隕石の破片をはめ込んだ特別な『隕石メダル』が、隕石落下から1年目にあたる15日に金メダルを獲得した選手にだけ贈られる」という。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中