佐村河内守の代理人弁護士辞任!これ以上ウソに付き合っていられない?

印刷

   全聾を装って、自分が作曲したと偽っていた佐村河内守氏(50)の代理人を務めていた弁護士が15日(2014年2月)に辞任することになった。辞任の理由について、弁護士は「守秘義務がある」と明らかにしなかったが、次々とウソを並べる佐村河内の代理人としての職務遂行ができなくなったのだろう。

   井上貴博キャスターがコメンテーターの大渕愛子弁護士に、「これはどういうことなんでしょうと」聞く。

   大渕「代理人を辞任するのはまれですが、信頼関係を破壊するような事項があれば、そのことで辞任することはあります」

依頼の時も全聾装う

   先週14日に報道機関の送られた佐村河内の謝罪文には、「2月4日に始めて弁護士に会ったときに、今もまったく聞こえないと言ってしまいました。怖くて本当のことを言えませんでした」と書かれていた。

どういうこと?

   1962年に広島市で生まれ、プロフィールでは幼少時に母親からピアノの英才教育を受けたとしていたが、これも真っ赤なウソだった。高校の同級生によると、「役者になるのが夢で、着流しで木刀を構えた姿をセルフタイマーで撮った写真を見せてもらったことがある」という。その後、役者を目指して上京、24歳の時にロック歌手を目指しライブイベントで歌ったこともある。その時の歌を聞いた人は、「声もよく、歌もうまかった」ことを記憶している。

   しかし、ロック歌手としてデビューさせようとした作曲家の大倉百人氏によると、「譜面は書けず、演奏もできない。付き合うほどに化けの皮が剥がれていった」ためにデビューは白紙になったという。

障害者手帳発行の横浜市「指定医の検査受けてもらう」

   佐村河内は横浜市でもっとも重い2級の聴覚障害手帳を取得している。2級は税金の控除などさまざまな特典がつくが、申請には市の指定する医師の聴力検査が必要だ。医師による聴力検査は、防音室でヘッドホンをつけて100デシベル(電車がガード下を通過する際の騒音と同じ程度)の音を聞かせ、やっと聴こえるか、もしくはそれ以上の難聴だと2級の聴覚障害と診断される。だます意思があれば簡単にだませる検査だ。

   医師によると、通常は2級の聴覚障害者の聴力が大きく改善するのはまれという。横浜市障害企画課は「今後、指定医に診断してもらい、法令に基づいて適切な対応をする」としているが、福祉費用が膨大になるなかでこんな簡単な検査でいいのかどうか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中