宇多田ヒカルぎっくり腰「ラジオ収録中の出来事。急に声に張りがなくなるのが聞き所だよ」

印刷

   歌手の宇多田ヒカル(31)がラジオ収録中に「ぎっくり腰」になったと2月18日(2014年)にツイッターで明かした。自宅で収録している「KUMA POWER HOUR」(Inter FM)18日放送分での出来事で、ぎっくり腰になるのは7年ぶりという。

   「座ってるのがまじ辛い」ほどの激痛に耐えながらトークしたため、「急に声に張りがなくなるのが聴き所」だと語る。「KUMA POWER HOUR」は月1回放送しているが、1月21日の放送は「体調不良」で休止。2月3日にイタリア人男性との婚約を発表して以来、宇多田にとって初めての公の場となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中