大野智リーダー「新人死神」ブラックテイストのファンタジー!4月から金曜深夜スタート

印刷

死神くん(テレビ朝日系金曜よる11時15分)>

   大野智リーダーの主演ドラマが4月(2014年)からスタートする。金曜深夜の「金曜ナイトドラマ」枠で、えんどコイチの漫画「死神くん」を原作にした同名ドラマである。

   大野リーダーが演じるのは死神413号。黒スーツに蝶ネクタイ、ソフト帽といういでたちで人間界の死亡予定者の前に現れる。「おめでとうございます!お迎えにあがりました」の決め台詞で死を宣告し、その魂を霊界へと送るのが仕事だ。しかし、新人のため割り切って仕事を処理できず、つい霊界のルールを無視することをやってしまう。自殺しようとする人に生きる尊さを説いたり、死者を現世に連れ戻したりしては上司に叱られてしまう。熱いハートを持った人情家の死神なのだ。

死の宣告が苦手な死神…クスリと笑えて最後はホロリ

   大野リーダーは「今からワクワクしています」と張り切っていて、ゼネラルプロデューサーも「少しズレている死神くんが余命を宣告しに現れ、魂を連れて行くという職務遂行に奮闘します。クスリと笑えて、最後はホロリと泣ける物語です」とPRしている。「死神くん」はブラックテイストのファンタジーというジャンルで、ヒットドラマ「怪物くん」(日本テレビ系)のような怪演をリーダーに期待しよう。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中