なんにでも噛みつく韓国!ソチ五輪「英国に金メダル盗まれた」「永遠に許さない」

印刷

   ソチ五輪も終盤に入り、残りあと5日間になった。そこで井上貴博アナが各国のメダル獲得競争の舞台裏を取り上げた。13日目の時点のメダル数はオランダ20、ノルウェー18、ドイツ15で、金メダルはドイツ8、ノルウェー7、オランダ6だ。日本は金1、銀3、銅2の計6で、これは長野五輪10、アルベール五輪7に次ぐ3番目だ。

ショートトラック女子優勝選手「身の危険を感じる」とツイッター閉鎖

   オランダは20個のメダルのうち、スピードスケートだけで男女合わせて19個を独占した。なぜオランダがこの種目に強いのか。井上によると、運河が多いというお国柄が関係している。冬は運河が凍り、スケートが通勤・通学の手段で、国技にもなっている。機材の開発が進み他国の情報収集にも熱心で、井上は触れなかったが、ソチ五輪のスケートリンクはオランダ製との噂もある。

いろいろあります

   続いて、韓国にまつわる『怒』の話題。13日(2014年2月)行われたショートトラック女子500メートル決勝で、英国のエリス・クリスティ選手が韓国の金メダル候補、パク・スンヒ選手らを巻き込んで転倒した結果、パク選手は銅メダルとなった。収まらない韓国のネットユーザーたちは「パク選手の金メダルを盗んだ」「韓国人は永遠に許さない」などと書き込み、エリス選手は「身の危険を感じた」として自身のツイッターを閉鎖する騒ぎになった。

   もう一つも韓国の話題で、「苦渋の選択」。ショートトラック男子1000メートル決勝でロシアのビクトル・アン選手が金メダルを獲得した。実はこの選手、3年前までは正真正銘の韓国人だった。アン・ヒョンス選手といえば記憶している人もいるだろうが、トリノ五輪では3個の金メダルを獲得している。ところが、国内スケート連盟の派閥争いの余波でバンクーバ五輪に出場できなかった。苦渋の選択のすえ2011年に国籍をロシアに移し、ソチ五輪に出場し金メダルを取ったのだ。これには朴槿恵大統領も黙っておれず、「スポーツ界の派閥主義を考えるべきだ」と苦言を呈した。

ウサイン・ボルト「ボブスレー」に転向!?最下位チームの起死回生策

   最後は取っておきの「笑い」だ。12年前の映画「クールランニング」で南国ジャマイカのボブスレー代表チームは大人気となったが、その後は低迷して出場できなかったが、12年ぶりに世界中に寄付を呼びかけ今大会に出場となった。しかし、結果は予選最下位で敗退。そこで浮上しているのが、100メートルの世界記録保持者の自国の英雄、ウサイン・ボルトをスタートでソリの後ろを押す役に起用する計画だ。

   スタジオに笑いが走ったが、井上は「皆さん笑っていますが、ボルト本人は『今後ボブスレーチームに入るのもいいな』と話しているんですよ」という。いや、このソチ五輪でも、ボブスレー女子2人乗りで1回戦トップとなった米国Aチームのローリン・ウィリアムズ選手は、アテネ五輪・陸上100メートル女子の銀メダリストだ。欧米ではボブスレーのブレーカー(押し役)に陸上短距離のトップ選手をスカウトするのは当たり前なのである。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中