2018年 8月 20日 (月)

アルペン女子大回転に南国タイの選手!最下位だったけど…実は世界的バイオリニスト

印刷

   ソチ五輪12日目のきのう18日(2014年2月)行われたスキー・アルペン女子大回転は、89選手のうち15人が転倒などで棄権する厳しいコース設定だったが、なかでひとり、悠々たるペースで滑り切ったタイの選手がいた。雪のないタイから出場?

トリノ五輪・荒川静香フリー演技も彼女の演奏曲

   アルペンスキーは100分の1秒を競う競技で、日本人選手がほとんど顔を出さない、というより出てもほとんど勝負にならないのが寂しいところだ。そんなレースの雰囲気とは無縁に、トロトロと滑ったのがタイのヴァネッサ・ワナコーン選手だった。

真央ちゃん見に行く

   実は彼女、ヴァネッサ・メイの名で活躍する世界的なバイオリニストだった。トリノ五輪フィギュア金メダリスト荒川静香選手がフリー演技で選んだ「トゥーランドット」を演奏していたのが彼女だ。五輪ではとみに知られていた。その情報だけはあったためか、テレビ中継のレース解説者も「音楽家だけにリズムがいい」などと、わけのわからないコメントをしていた。タイムは最下位だったが、当人は「ウインタースポーツが盛んではない国を代表して出場できてよかった」と嬉しそうに語っていた。

   バイオリニストとしての映像が出たが、これがまあ華やかな別人だ。五輪出場条件は世界ランク500位以内というのがあるが、その条件を満たさなくても別の規定があって、彼女はそれで出たらしい。とはいえ、大回転コースを完走するだけでもたいしたものだ。並のスキーヤーではできない。

優勝の美人ソロべニア選手はプロの歌手

   このレースの優勝者はスロベニアのティナ・マゼ選手。前日の滑降で同着で2人金メダルとなった片方でもあるのだが、なかなかの美女だと思ったら、彼女もまたプロの歌手だった。

   五輪男の司会・小倉智昭はきょう19日(2014年2月)の番組終了後にソチへ向かう。「真央ちゃんの金を見にいくんですよ」着いた3時間後に「とくダネ!」本番だというから、明日未明のショートプログラム(SP)はナマでは放送されない。あさってのフリーでしゃべりまくるんだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中