19歳女性シリアルキラーに全米驚愕「22人殺したがそれ以上は数えるの止めた」

印刷

   犯罪史上に名を残す著名なシリアルキラーが多い米国だが、そのなかに女性はほとんどいない。女性の進出が進んでいないこの分野において、「衝撃のニュース」がけさ19日(2014年2月)のスタジオのオドロキを呼んだ。

悪魔崇拝のカルト教団

   42歳男性の殺害容疑で逮捕されたペンシルベニア州の19歳女性が多数の人を殺害したと告白しているというのだ。地元メディアやCNNなどの情報を元に「モーニングバード!」が伝えるところでは、彼女は悪魔崇拝のカルト教団に入った13歳から6年間で22人以上を殺害した。加えて、「22人を超えてからは数えるのをやめた」と話しているという。

   もし本当ならばシリアルキラーの歴史を塗り替えるような出来事だが、捜査当局はこの話が本当なのかどうか、慎重に捜査を進める方針だそうだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中