スノボー大回転パラレル竹内智香「銀」!日本人苦手なアルペン系で女子初メダル

印刷

   スノーボード女子パラレル大回転で竹内智香選手(30)が銀メダルに輝いた。スノーボード女子で初のメダルという快挙だ。世界ランク2位の安定した滑りで予選32人中1位で通過、決勝の相手は世界ランク1位のスイスのパトリツィア・クンマー選手だ。ワールドカップでは2回負けているライバルである。

   1回目で0.3秒リードしたが、2回目で中盤の緩斜面で追いつかれ焦りが出たのか最後の急斜面で転倒してしまった。戦い終わって竹内は、「(W杯と)同じような負け方をしたのでちょっと悔しいです」と残念がったが、アルペン種目で日本人女子の五輪銀メダルは初めてである。

スイスに武者修行「日本にいたんじゃ世界のトップクラスになれない」

   アイスバーン状態の斜面を突っ走るアルペンのスピード系種目は、日本人には技術面、体力面で厳しいといわれて来た。とくに、パラレル大回転は予選から決勝まで1日で10本を滑りきる体力が求められる。

   今回で五輪挑戦4度目となる竹内は、この技術と体力を身につけていた。2002年のソルトレーク五輪に18歳の高校生で代表入りして結果は22位。4年後のトリノ五輪でも9位と不本意な成績だった。このとき「1番でなければすべてが負けで、何番になっても一緒だと思う」と涙を流し悔しがった。

   そこで、「日本の環境では世界のトップ8、トップ3に入る事はできない。ヨーロッパのコーチやスタッフの充実具合を見ていると、日本との差はすごく大きなものがある」と考えた。出した答えが海外での武者修行だった。選んだ先はスノーボード王国のスイス。スイスのナショナルチームに直談判し、異例のトレーニング合流を受け入れてもらった。3か月でドイツ語をマスターし、アイスバーンを回転しながら突っ走るカービング技術も習得して臨んだ3度目のバンクーバー五輪は、コースアウトで13位に終わった。

   挫折を味わった竹内は、日本に戻り体力づくりに挑む。これまでしたことがなかった陸上トレーニングで一から体づくりに励んだ。その成果がソチ五輪で出た。

母校の校長・三浦雄一郎「今シーズンの彼女は違った」

   竹内が卒業したクラーク記念国際高校(北海道深川市)で応援していたエベレスト最高齢登頂の三浦雄一郎校長は、「ハードなコースを10本勝ち続けた。感動してますよ。今シーズン見ていると、体力、脚力が全然違ってきてこれならチャンスがあると思っていた」と喜ぶ。

   全日本スノーボードチーム副強化委員長の佐々木耕司氏は「アルペン種目は体格的に日本人には適していないところがあります。トラックの100メートルで日本人がメダルを取るくらい厳しいパワー系のスポーツです。彼女は勝つためにひたすら努力しました」と絶賛する。

   ノンフィクション作家でコメンテーターの小松成美は「最後に転倒しましたが、金メダルを目指して賭けに出たのだと思う」と残念がったが、まだ金メダルへの期待はつながっている。竹内が得意とするパラレル回転が22日に行われる。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中