小保方晴子「万能細胞」に捏造疑惑!?画像使い回し…「研究の基本は間違いありません」

印刷

日の丸の重圧に押しつぶされた浅田真央…思いっきり泣けばいいよ

   冬の明け方、日本中に悲鳴が上がったに違いない。浅田真央がショートプログラムでまさかのトリプルアクセル(3回転半)を失敗し、55・51点で16位に沈んでしまった。ライバルのキム・ヨナは表情こそ硬かったが、貫禄の演技で堂々の1位。これほど明暗がくっきり分かれるとは思っていなかった。

   やはり五輪で日の丸を背負う重圧が『絶対王者』と思われていた高梨沙羅を押し潰し、浅田までもそのプレッシャーに絡め取られてしまった。浅田にとってソチは悔いの残る地になってしまったが、まだ若いのだ。思い切り泣いた後、次の目標に向かって羽ばたいてほしい。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中