名古屋「殺人暴走」被害者―振り向いた直後にボンネットの上で転がってた

印刷

   買い物客で賑わう休日23日(2014年2月)の昼下がり、JR名古屋駅前の交差点で乗用車で歩道に突っ込み、信号待ちや歩いていた人たちを殺そうとする事件が起きた。幸い死者はなかったが、大野木亮太容疑者(30)は「人をはね殺すつもりだった。誰でもよかった」と話している。

「悲鳴が聞こえて間もなく吹き飛ばされ、気が付いたら道路に寝ていた」

   大野木は犯行の15分ほど前、事件現場から約500メートル離れたレンタカー店で乗用車を借り、そのまま現場まで走り30~40キロのスピードで歩道に突っ込んだ。はねられた男性は「悲鳴が聞こえてまもなく吹き飛ばされたというか、気付いたら地面に寝ている状態だったので何も覚えていない」と話している。

   別の男性は「信号待ちしていて車の音がすると思って後ろを見たら、いきなり車がぶつかって来た。ボンネットの上に転がって腰を打ちました。いまもちょっと右肩が痛いんです」という。

   車は歩道を35メートルほど人をはねながら走ったあと、街路樹に激突して止まった。目撃していた男性は「(男が)放心状態で運転席で下を向いて座っていた。『出て来い』と声をかけたが、外に出ずにずっと車の中にいた」と語る。

   詳細はまだ不明だが、なぜ無差別に人を殺そうとするのか。2008年の東京・秋葉原の無差別殺傷事件では7人が死亡し10人が重軽傷を負ったほか、10年には広島で自動車工場に出勤する従業員を次々に人をはね、1人が死亡し11人が重軽傷を負う事件が起きている。

両親・兄弟と離れて一人暮らし

   現場には奥平邦彦リポーターがいて、「大野木容疑者は警察の取り調べに淡々と応じ、質問には答えているといいます。両親と兄弟がいるのですが、JR名古屋駅から地下鉄でひと駅のところで一人暮らしていたようです」と伝える。

   大野木を知る近所の女性は「テレビで見てすごい事件だよねと言ったいたら、まさかあの子がってという感じですよ。おとなしいイメージしかなかったので」と驚いている。

   池田健三郎(経済評論家)「これから真相が明らかになると背景が分かってくるだろうが、一種のテロ行為ですよ。個別性の強い話だと思うが、どういう背景でこうなったのか情報を共有し考える必要があると思います」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中