桂銀淑、真行寺君枝、花田恵美子…ジェットコースター半生!恥も外聞もなくさらす番組―付き合ってしまった自分に嫌悪
<玉の輿に乗ったのにその後どん底に落ちた女たちSP」(テレビ朝日系)

印刷

   「すずめの涙」「酔いどれて」などのヒット曲を持ち、NHK紅白歌合戦にも7年連続出場した人気歌手の桂銀淑。資生堂「ゆれる、まなざし」のキャンペーンでデビュー以来、モデルとして女優として大活躍していた真行寺君枝。中学時代から「オリーブ」の読者モデルとして人気者になり、大学卒業後、JALの客室乗務員として勤務していた時に花田勝(現・花田虎上)と知り合い花田家の嫁になった花田美恵子…。彼女たちがいかにして玉の輿に乗り、その後どん底に落ち、また再生してきたのかを彼女たちの証言と再現VTRで綴る番組だった。
   そもそも、このタイトルはいかがなものか。いくらなんでも工夫がなさ過ぎる。こんなタイトルの番組から依頼を受けたら、恥を知ってる人間はまず出演を断ると思うが、平気で出てくるというのは、よっぽど厚顔無恥か、よっぽど切羽詰っているのか。
   案の定、中身も女性週刊誌を映像化しただけのエグいもので、なにもいうべきことなし。なんでこんなものを見てしまったのかという自己嫌悪しかない。この手の番組は「私の何がイケないの!?」や「金曜日のスマたちへ」のTBSが得意とするところで、いま絶好調のテレビ朝日がやることはないと思う。オリンピック中でどうせ誰も見てやしないと、端から手抜きしたとか?(放送2014年2月18日19時~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中