2018年 9月 23日 (日)

スキーHP銅・小野塚彩那「メダリストになっても私自身は変わらない。スタンスは誰にも崩させません」

印刷

   ソチ五輪の新種目、スキーフリースタイル・女子ハーフパイプ(HP)で銅メダルを獲得した小野塚彩那(25)が、「応援ありがとうございました」と2月24日(2014年)にブログで謝意を伝えている。小学生のころから2位や3位ばかりで、昨年の「世界選手権、そしてW杯年間総合も3位」だったという。

   今回の五輪も3位だ。「悔しくて悔しくてたまらなかった」というが、「今回の銅メダルはどんな金メダルよりも輝いていて私の人生の中で最高のメダルとなりました」と喜んでいる。「今までだったら3位で悔しいと思っていたけど、今回の3位は本当に特別」だそうだ。

   出発前に周囲から「メダリストになったら世界が変わるぞ」と言われていたが、いざメダルをとってみて「私自身が変わる事はまずないでしょう」という。「私のスタンスは一生崩れないし、誰にも崩させません。邪魔もさせません」と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中