パスタ、うどん、トーストにも応用!作り置き『簡単ドライカレー』の威力

印刷

   野菜嫌いの子供はカレーライスに入っているにんじん、玉ねぎもいちいちどけて食べる。でも、これだったら無理だろうというので、料理研究家のほりえさわこさんが提案するのは「お肉と同僚の野菜を使ったドライカレー」だ。作り置きして常備菜として小分けして冷凍しておけば、カレーパスタやカレーグラタン、カレーうどん、トーストに乗せてカレーパンに応用できる。

野菜嫌いの子供もこれならOK

   まず材料は、合びき肉300グラム、たまねぎ1個、にんにく1かけ、にんじん、ピーマン、生しいたけ、ごぼうなど合わせて300グラム、顆粒のチキンスープのもと(洋風)小さじ2、カレー粉大さじ2、トマトジュースカップ1だ。

「野菜はすべてみじん切りにして、火に掛けてないフライパンに肉、チキンスープの素とともに入れて混ぜます。大きなハンバーグみたいな塊を強火で色づくまで炒めてください」(ほりえさん)

   肉の脂分が出て来たところでカレー粉をいれ香りが出るまで炒める。ここにトマトジュースを3~4回に分けて流し込んで、15分ほど煮たら、ここからは中火にして砂糖(小さじ1~2)、醤油(小さじ2~3)で味を整える。醤油の代わりにナンプラーだとより香りが強くなる。辛くしたいならガラムマサラなどの香辛料を加えるといい。

「ご飯にかければドライカレーですが、わが家の朝食は食パンにドライカレーにチーズとミニトマト乗せたトーストが定番です」(ほりえさん)

牛乳加えてオーブンで焼くだけ―かぼちゃのカレーグラタン

   ドライカレーのアレンジ版でかぼちゃのグラタンも紹介された。でき上がったドライカレーに牛乳を入れ、加熱後のかぼちゃとトマトをあえて、ピザ用チーズを上に掛けてオーブンで焼くだけだ。

   ほりえさん「かぼちゃの甘さとトマトの酸味とドライカレーのピリっとした味がピッタリと合いますね。このドライカレーはお好みでレーズンを刻んだ物や、ナッツなどを入れても旨味が増します」

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中