西川史子『寂しい離婚キャラ』でひと稼ぎ!「今年のお正月は夫の残していったカップ麺で過ごしたの」
<ダウンタウンDX>(日本テレビ系)

印刷

   この日のゲストは堺正章、ココリコ田中、笑福亭笑瓶、西川史子、ライセンス、優木まおみ、鈴木奈々、神室舞衣らで、なかでも大活躍だったのが1月に離婚したばかりの西川史子だった。
   「スター近頃のハッピー&アンハッピー」というコーナーでのこと。ライセンス藤原、鈴木、優木の新婚トリオが、新居の写真や挙式写真などを披露しながら幸せエピソードを語ると、そのたびに西川が睨む。その怖い顔をカメラが捉え、そんな西川を庇うように松本が「やめてあげて~」と言って笑いをとるなど、西川のおかげで大いに盛り上がった。
   そんな西川、「42年間、生きてきて一番寂しいお正月にしようと思って」と、年末年始はひとりで過ごしたと語った。「行きつけの寿司屋は2日からで、1日は何も食べるものがなく、夫が残していたカップめんで過ごした」などなど。
   離婚当初はかなり落ち込んでいて、大丈夫かなというほど暗かったが、すっかり吹っ切れ、立ち直ったようだ。自らの不幸を笑いに変えて、当分は離婚キャラで売っていこうと腹を括ったのだろう。
   ゲストのひとりの神室舞衣は六本木の高級クラブの元ナンバーワンホステスで、1日に1000万円稼いだことがあると自慢をしていたが、そもそも話がウソっぽいし、この肩書きってそんなにありがたいものなのか。この番組はあの叶姉妹もよく出るし、ちょっと感覚がヘンです。(放送 2014年2月20日22時~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中