「アンネの日記」破損は年寄りの単独犯?ネット使わず関係書籍も勉強

印刷

   東京都などの公立図書館で「アンネの日記」をはじめ、ナチス・ドイツのユダヤ人迫害に関する書籍が300冊以上破られた事件では、「(犯人が)どういう心境でやってるのか、理解できない」(羽鳥慎一キャスター)といった声が上がるなか、「専門家」のプロファイリングが登場した。

   犯罪心理を研究している越智啓太・法政大学教授によれば、犯人は本を破り取ることで「本を見た人に対して、この本を快く思わない人間がいるというメッセージ」を送っている。つまりは「自分の主張や考え方の表現」だそうである。

インターネットでなくリアルの「図書館」で主張…若者っぽくない手口

   犯人が単独か複数かという問題は、これまでスタジオでも議論されてきたが、これについて越智教授は単独犯説を唱える。複数であれば、(数を頼んで)もっと別の主張方法を取りそうなものであるというのだ。

理解できない

   また、個人でも最近はインターネットで自分の主張を思う存分発信できる世の中だ。しかし、図書館というリアルな場で、それも若い人にありがちな思いつきでやった感じとは異なる犯行様態であることから、犯人はネットを使わず、年齢層は高い可能性がある。また関係書籍を勉強している読書家であるかもしれないそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中