ダイオウイカ生け捕り!日本周辺の海に異変?海面近くに次々現れる深海魚

印刷

   日本周辺の海の底で何かが起きているのか。巨大イカのダイオウイカや珍しい深海魚が海面近くまで上がってきているのだ。2月25日(2014年)、兵庫県日本海沖で漁師の岡本哲雄さんが水深およそ8メートルのところでサザエの素もぐり漁をしていたところ、頭上を大きなイカが泳いでいるのに気づき、生きたまま捕獲した。イカの正体は全長4・1メートルのダイオウイカ。捕獲されたり網にかかったりしたのはこの2か月間で6匹目だ。

深い海でしか生きられないカブラザメやリュウグウノツカイなども出現

   岡本さんは「発見したとき、イカは足を丸めてこちらに襲いかかるような様子を見せました。そのまま逃げていたら、襲われたかもしれません」と話す。大竹真リポーターは「これまでダイオウイカが海面近くまで浮上することはほとんどありませんでした。捕獲された例も、1年で1体あるかないかといわれていました。

文   ナオジン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中