高齢ドライバー「遠回りでも左折、左折で目的地へ」事故率高い右折

印刷

   高齢車と自動車運転にまつわるニュースはたまに目にするが、長崎市できのう27日(2014年2月)、またひとつ発生したようだ。1台の乗用車が大型ショッピングセンターの駐車場から右折して出ようとしたところ、右手から来た直進車両と衝突した。さらにブレーキとアクセルを踏み間違えたかなにかで暴走し、道路から飛び出して約7メートル下の川に転落したという。クルマは川底でひっくり返ったが、運転者の70歳女性は幸いにも軽傷ですんだという。

なるほど

   これを受けて、スタジオでは「右折」問題が注目された。78歳の現役ドライバーで交通評論家だという矢橋昇氏の「右折は左右両方の間隔を認識しなければいけないのでむずかしい。遠回りでも左折で行くといい」というアドバイスが紹介され、羽鳥慎一キャスターは「ボクらぐらいの年齢だと、遠回りでも左折って(やってらんない)と思うが、年齢が高くなってくると、そういう心がけも必要になるかもしれない」とコメントしていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中