女子生徒殺害の高校生 犯行後にツイッター「平和な町やったのに気持ちの整理つかんわ」

印刷

   三重県朝日町の空き地で昨年8月(2013年)、中学3年の女子生徒を殺害し財布から現金6000円を奪った強盗殺人容疑で逮捕された少年(18)は「一人でやった。お金が目的です」と話しているという。三重県警は2日(2014年3月)、鈴鹿市内で父親といるところを任意同行を求め取り調べた。

凶悪犯罪の後も普段通りに生活

   捜査はのべ8000人が投入され、防犯カメラの分析や携帯電話の履歴などを調べたが、なぜ少年に容疑が向けられたのか、犯行に結びつく物的証拠などはまだ明らかにされていない。

   少年は補導歴もなく、野球部に所属していた。同級生は「学校に真面目に来ている。優しくて誰とでも接している子で、卒業式にも出てました。そういうことはウソだと思います」「頭もよくて面白くて、ちょっと気弱なところもあるんですが、良いやつ。正直信じられない」と言い、好印象をもたれていたごく普通の高校生だったようだ。少年を知る近所の女性は「おとなしい子よ。服装の乱れもないし、普通の男の子。親子5人でよく買い物に出かけていた」という。

   少年は女生徒が殺害された直後の昨年8月29日に、ツイッターにこんな書き込みもしていた。「めっちゃヤバイやん、手の震え止まらん。平和な町やったのに、気持ちの整理つかんわ」

教育委員会は深夜に緊急会見

   そんな少年がなぜ凶悪な強盗殺人に及んだのか、犯行後もなぜ普段通りの生活ができたのか、不可解な点が残るが、コメンテーターの意見もその点に絞られた。柿崎明二(共同通信編集委員)は「気になったのは、事件のあと、普通の行動を取っているところ。人を殺したことについて動揺を完全に隠しているところが非常に気になりますね。基本のところですが、人間の命をどう考えるか教え直さないといけない時代なのでしょうね」と話す。

   池田健三郎(経済評論家)「きのう深夜に教育委員会も会見し、県下の全高校に対し、集会を開いて命の大切さといとおしさを再度伝えたいと話していたが、基本的には学校でそういう取り組みをやっていくしかないのかなと思いますね。あとは家庭や地域において何かできるのか。こういう事件が起きるたびに確認していくしかないのかも・・・」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中