中国・昆明の無差別テロ!「7、6人が死んでしまった。助けてくれ」微博に現場から書き込み

印刷

   日本人にも人気の観光地、中国・雲南省の昆明の駅前広場で1日夜(2014年3月)、無差別殺傷事件がに起きた。男女十数人のグループが居合わせた市民を刃物で切りつけ29人が死亡、負傷した143人のうち73人が重傷を負う集団テロだった。

   中国当局は「新疆ウイグル自治区の分離独立を求める活動家による犯行」と断定したが、犯行グループ4人射殺、4人拘束という当局の発表が誤認だったことが分かるなど混乱している。

「射殺4人・拘束4人」は誤認!どうやらほとんど逃げたらしい

   犯行は午後9時半ごろだった。待合場所に集まっていた人たちに刃渡り30センチほどの刃物を持った黒服、目だし帽をかぶった男女十数人のグループが無差別に切りつけた。襲われた男性(62)は「逃げようとしたが逃げ切れず、後ろから頭を切られた」と言う。中国版ツイッター「微博」には「昆明駅でテロ事件が発生した。数人が刃物で人を切りつけていて7、6人が死んでしまった。ドアを閉めて救出を待っている。助けてくれ」という生々しい書き込みがある。

   犯行グループが使った刃物はスイカを切るときに使う「西瓜刀」で、刃渡り30センチ以上ある。当局は犯行グループのうち4人を射殺したほか、4人を拘束、残りは逃走中と発表した。ところが、中国事情に詳しいジャーナリストの富坂聰氏は「現場の捜査が混乱し、1日に拘束した1人に加え2日に新たに3人を拘束したと発表したが、これは誤認だったと訂正しています。さらに、射殺した4人も間違いではないかという疑いが出ています。犯行グループはほとんど捕まっていない」という。

怪しい中国当局発表「「新疆ウイグル自治区の分離独立派の犯行」

   中国当局は「新疆ウイグル自治区の分離独立を求める活動家の犯行」と断定した理由として、「自分たちにはわからない言葉を叫んでいた」という目撃者の話をあげている。富坂氏は「本当にそうかなという部分もありますが、当局はそういう線で動いていくのだろう」と見ている。

   昨年10月(2013年)には、北京・天安門前の歩道にウイグル人の乗った車が突入して、犯人を含む5人が死亡し、日本人観光客を含む38人が負傷している。一般人を巻き込んだテロへとエスカレートしている点について、池田健三郎(経済評論家)は「恨みの感情があるわけではない、人を無差別にあやめる極端なテロという形で現れ始めています。当然、一番ショックを受けているのは習近平政権だと思う」と話す。

   習近平国家主席は事件直後に郭声?公安相を現場に派遣した。5日から始まる全国人民代表大会(日本の国会に当たる)を控え徹底的に力で押さえ込むつもりらしい。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中