三重・中3強盗殺人―警察早くから「未成年の犯行」と目星!目的は金銭だけか?

印刷

   昨年8月(2013年)に三重県朝日町で中学3年の女子生徒を殺害したとして逮捕された少年(18)は、警察の取り調べに「自分が犯人です。お金が目的で、被害者とは面識がありません」と供述しているという。中学時代のクラスメートだった友人は「どことなく暗い感じがしていた。友達も少なく、自分から話しかけようとはしないタイプだった」という。少年宅近くに住む住民は「祖父母と両親、それに妹2人の7人家族で、仲の良い家族でした」と話す。

奪われたのはわずか6000円…中学生がそれほどのカネを持っているはずがない…

   司会の加藤浩次「どうして警察は、この少年が犯人らしいという目星をつけたのですか」

未発表の真相

   阿部祐二リポーター「聞き込み捜査の段階から、警察は低年齢による犯行と考えていたようです。未成年と絞り込んで捜査をしていたと思われます」

   加藤「奪われたお金は約6000円といわれていますが、それだけの金額で殺人事件を起こすものだろうか。本当に金銭目当てで殺しだったのでしょうか」

   コメンテーターの勝谷誠彦(コラムニスト)は「警察はまだ発表してないことがあるのではないだろうか。金銭目当ての犯行と思い込んだら、この事件の本質を見誤る可能性がある」と首をかしげる。

   阿部「きのう午後(2014年3月2日)、被害者宅の玄関には加害者を許すことができません。厳罰を求めますというメッセージが出されていました」

   加藤「お金を奪うことが目的で娘が殺されたとしたら、残された家族はたまらないですよ。家族関係が良かった中で、本当に金銭目的だったのかなあ」

   たしかに、中学3年生が狙われるほどのカネを持っていないことぐらい、高校3年生なら分かっているはずだろう。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中