北朝鮮でまた血の粛清?新ナンバー2「崔竜海総政治局長」逮捕・監禁説

印刷

   北朝鮮にまた異変が起きているらしい。昨年暮(2013年)に処刑された張成沢・元国防委員会副委員長に代わって、事実上のナンバー2となった朝鮮人民軍の崔竜海総政治局長が逮捕、監禁され失脚したという説が流れている。

   異変を伝えたのは北朝鮮情報に詳しい韓国のラジオ局で、2日(2014年3月)のニュースで「2月21日午前6時ごろ、出勤の準備をしていた崔局長の家に保衛司令部所属の軍人30人が詰めかけ、崔局長を連行した。現在、監禁状態にあり、関係部署の書類もすべて押収された」と伝えた。3日の続報では「幹部への配布資料に崔局長批判の内容があった」という。

「自宅から100万ドル外貨」の情報…公式行事に姿見せず

   張成沢処刑からわずか2か月余りで再び「血の粛清」なのだろうか。不明瞭な点も多いが、2月16日に行われた公式行事のクスム山太陽宮殿参拝では、金正恩第1書記の隣に立ち敬礼している姿が報じられたが、8日後の24日に開かれた朝鮮労働党思想活動家大会に姿はなかった。金正恩に同行する回数も昨年150回、月平均12回以上だったのが、今年に入ってまだ3回しかないのもおかしいという。

金正恩との関係

   崔竜海は金銭トラブルで1998年に1度失脚している。共同通信平壌支局の磐村和哉・前局長は「今回も自宅から100万ドルの外貨が出てきたという話が流れている」と話す。

軍の反発でひきずりおろし?

   背景に何があるのか。コリアレポート編集長の辺真一氏は「軍の経験もなく、快く思っていない軍幹部たちにひきずり下ろされたのではないでしょうか」と推測する。

   コメンテーターの杉尾秀哉(TBS解説・専門記者室長)「軍の力が強まってきて、軍主導でこれらのことがあったのか。軍と金正恩第1書記の関係がどうなっているのか最大の焦点になっていると思いますけどね」

   軍の暴走やその後の金正恩体制を占ううえで、9日に行われる最高人民会議代議員選挙とその後の人事が注目されるという。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中