千葉・柏「連続殺傷」犯人は現場から徒歩圏の住人!?奪ったクルマすぐ乗り捨て

印刷

   おととい3日(2014年3月)の夜中近くに、千葉・柏市で起こった「通り魔連続殺傷」の犯人はいまだ逃走中で、現場周辺は不安が広がっている。阿部祐二リポーターは配達された新聞を見せ、「けさ5日の朝刊には、警察が情報提供を求めるチラシが入っています。犯人に関する有力情報はまだ手探りのような状態と思われます」と伝えた。

静かな住宅街で深夜に人通り少ないこと知って犯行?

   事件現場周辺には保育園、幼稚園、小学校、中学校があり、PTAや父母たちが付き添って集団登下校が行われている。司会の加藤浩次は「事件が起きた場所は寂しいところなのですか」と聞く。

犯人は冷静

   阿部「閑静な住宅街です。たしかに夜は人通りが少なくなりますが、近くのマンションは煌々と明かりがついており、人影を確認できる明るさになっています」

   マンションから犯行を目撃した住人は「ナイフのようなものではなく、牛刀のようなもので何回も刺していました」と話す。離れたマンションからでも犯行がはっきりわかるほど夜でも明るいところだ。

   加藤「どうしてそのような場所で通り魔事件が起きたのですかねえ」 阿部「現場周辺に土地勘がある人物が犯行に及んだとしか思えません。犯行の後、車道に立ち塞がって走ってきた車を奪い、約1.5キロ離れたコンビニの駐車場に乗り捨て逃亡しています。服装も黒のニット帽に黒いジャンパー、サングラスにマスクという姿であったようで、返り血を浴びてもわかりにくい服装でした。最初から人を襲う計画であったように思われます」

   マンションなども近い明るいところだが、深夜は人通りが少ないことを知っていたということか。

3日前にもバットで女性襲う事件

   加藤は「犯人が被害者から奪ったお金はわずか3500円。それだけの金額で人殺しをするものだろうか」なんていうが、襲ってみたら3500円しか持っていなかったということで、話は逆だろうが…。

   コメンテーターの宮崎哲弥(評論家)「犯人は冷静だったのでしょう。服装も犯行に及んだ場所も誰かに目撃される可能性があるが、防犯カメラなどがないところ。そういう場所をあえて選んだのだと思います」

   阿部「事件現場周辺では先月28日(2014年2月)、仕事帰りの女性がバットのようなもので襲われるという事件も起きています。警察は今回の事件との関連性も調べています」

   阿部の言うとおり、犯人は事件現場から徒歩圏内に住んでいるはずだ。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中