連続殺傷・竹井聖寿の異常!得意気に『目撃談』語り、連行時は奇声

印刷

   千葉県柏市で3日深夜(2014年3月)に起きた連続殺傷事件で逮捕された無職、竹井聖寿容疑者(24)の自宅からは血の付いた刃物や衣服が見つかり、刺殺された会社員(31)の血液型と一致した。竹井は「金を取る目的だった。人を刺したのは間違いない。面識はなかった」と、4件すべての犯行を認めている。

たちまちバレたウソ「すぐ寝ちゃった」が30分後には「スマホ映像ある」

   竹井は逮捕前に2度にわたり報道陣の前に現れ、すぐバレるウソをついていて墓穴を掘った。初めは「救急車だ。すごいなって感じたが寝ちゃった。事件は翌朝のニュースで知った」と答えていた。ところが、その30分後にわざわざ4階の自室から降りてきて、事件の一部始終を目撃したと言い出した。

「ダーンって(音が)聞こえて外をのぞくと、女の人の声が聞こえて、男の人がもみ合っているような感じだった。光る刃物のようなものを見たんで、これは事件かなと。馬乗りというか、しゃがむ感じだった。刃物は30センチか40センチぐらい。けっこう長かった。牛刀っぽいような長目のナイフでしたね」

   もう得意気にしゃべり続け、言い争いも聞こえてきたという。「『おい、こら』って言って、犯人は倒れているのに背中を何度も刺していた。なんか笑っているような声で『ハッハッハッ』って意味不明な感じだった。揉み合いになってそのままズバズバといった感じ」

   竹井はこの後に致命的なうそをついた。「刑事さんが先ほどこられて、スマートフォンで撮影した動画を提供したんですよ。(映像は)もみ合ってバターンと倒れたところから始まって6分間です」

   警察はそんな映像は提供されていない。これで「あいつが犯人だ」と確信しただろう。

元刑事「徐々に饒舌になり得意げに話していた。捜査状況を知ろうとしたのだろう」

   現場で一部始終を聞いていた神奈川県警元刑事の小川泰平氏はこう話す。

「徐々に饒舌になり得意げに話していましたね。矛盾点もあるんですが、意外と理路整然で、非常にリアルでした。動画については、警察でそんな話はなかったし、本気にはしませんでした。刃物が光って見えたと言っていたが、夜間だし4階の端の部屋からそうしたものが見れるとは思わなかったですね。報道陣に目撃者を装って話たのは、不安で捜査状況を知りたいとかがあったんではないですか。あるいは、捜査をかく乱するためなのかどうか分からない」

   竹井の異常行動はこの後も続いた。任意同行を求める捜査員にチェスの詰めを指す「チェックメイト」と叫んだという。自宅を出るときにはマスクを外し、報道陣のカメラに向った何か「ウォー」というような奇声を発した。

   コメンテーターの北川正恭(早大大学院教授)「何か叫ぶ姿を見ていて、薬物というか、そういう影響がないと考えられない異常さだと思う」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中