連続殺傷犯・竹井聖寿 ネットにプロフィル「セレブニート、車・バイク・武器マニア」

印刷

   千葉・柏市の通り魔殺傷事件で昨夜5日(2014年3月)、殺害された会社員、池間博也さんと同じアパートにすむ無職・竹井聖寿(24)が、強盗傷害などの容疑で逮捕された。金目的だったと話しているという。

   竹井は逮捕前のおととい4日夜、目撃者として報道陣の前に現れ37分もペラペラとしゃべった。「写さないで。モザイクなら」「声も変えて」といい、犯人の服装や犯行の様子を詳細に語った。「ケンカかなと思って」とはじめから見ていたことようにいい、「牛刀のような刃物」「背丈は175センチ」「男はハハハと笑いながら刺していた」とも話した。

連行時に「ヤフーチャット万歳」

   竹井が報道陣の前に現れたのは、「動画があるので買ってくれないか」ということからだったらしい。自分の犯行なのだから動画などあるはずないのだが、他のメディアに同じ話を繰り返しているうちに、どんどん内容がエスカレートしていった。動画について「警察に提出した」と見せることを拒んだが、警察に提出などされていない。これでおかしいとなって任意同行につながった。しゃべり過ぎて墓穴を掘ったということだ。

自宅前で凶行

   任意の聴取から家宅捜索となり、連行される際にはマスクをはずして報道陣に「ヤフーチャット万歳」と叫び、左手の中指を突き立てて敵意を示した。捜査員には「チェックメイト」といったという。部屋からは血の付いた刃物や池間さんの財布などがみつかった。

1年前に引っ越してきて近所とトラブル!奇声発したりゴミ出しルールも守らず

   司会の小倉智昭「(竹井がしゃべったのを)木下康太郎アナが聞いてます。どんなだったんですか」

   木下は現場アパート前にいた。「聞いていて、あれ?と思うことがいくつかありました」という。ひとつは「笑い声」。竹井は「犯人は笑い声を上げながら刺していた」としゃべったが、殺害現場から竹井の部屋があるアパート4階までは20メートルもあり、もっと近い住人がだれも聞いていないのにどうして聞こえたのか。また、記者の一人が「竹井さん」と呼びかけたとたん、「名前を呼ばないで」「顔を撮らないで」「声を変えて」と慌てだした。木下は「内容が具体的なので、本当に目撃したと思った」という。しかし、木下は肝心のことを聞いていない。「110番したかのか」、あるいは「なぜしなかったのか」だ。

   竹井は1年前に越してきたが、近所付き合いもなく、見かけるのは昼間。働いているとは見えず、マットレスを落とした、ゴミの分別をしなかった、奇声を発するのを聞いたという人もいた。死んだ池間さんとは面識がなかったと警察は発表している。

   小倉「捜査を攪乱する情報を流すんならわかるが、よくわからない。自宅の前で通り魔事件を起こすのも聞いたことがない」

   竹井が叫んだネットの書き込みでは、プロフィールに「24歳のセレブニート」「車・バイク・武器マニア」を自称していた。またしても無職男だ。小人閑居して不善をなす――か。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中