2018年 9月 25日 (火)

林修センセイ2つの冠番組「わずか1年でこんなことになろうとは。とんでもない責任」

印刷

   予備校講師の林修(48)が4月(2014年)から「林先生の痛快!生きざま大辞典」(TBS系)、「林修の今でしょ!講座」(テレビ朝日系)を冠番組として持つことになった。3月5日にはブログで「4月以降二つのキー局のMCを担当させていただくことになりました」と報告している。

   1年前には番組に呼んでもらうだけで「おおー」と思っていたため、「僅か一年の間にこんなことになろうとは思ってもみませんでした」と語る一方で、「とんでもない」ほどの責任の重さを感じている。本職の授業であれば「自信をもって臨める」が、MCとなると「自分よりもうまいなあと思う人がたくさんいる」という。

   林自身は「テレビの世界では自分は下っ端なんだ」と思うが、「にもかかわらず」林に白羽の矢を立てた「奇特な方がいらっしゃった」ことに感謝し、期待に応えたいと熱弁。そのために「皆様のご協力」をあおいで、4月以降も「引き続きよろしくお願いいたしします」(原文ママ)と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中