2018年 7月 18日 (水)

剛力彩芽 新CM女王!「年間93時間21分20秒」上戸彩抜きトップ

印刷

   調査会社「ビデオリサーチ」は昨年(2013年)の「テレビCM出稿動向」を発表し、年間CM露出時間でタレントの剛力彩芽が最も長かったことが分かった。剛力はKDDI「au」、山崎製パン「ランチパック」、花王「エマール」、AOKIなど約15社のCMに起用され、放送総時間は93時間21分20秒だった。剛力は2012年に前年の388位から3位に躍り出て、昨年は上戸彩に約30時間の大差をつけてトップとなった。

   2位は昨年1位の「上戸彩」(2012年3位)、3位「井川遥」(53位)、4位「大島優子」(6位)、5位「武井咲」(2位)、6位「森三中」(486位)、7位「高田純次」(7位)、8位「島崎遥香」(164位)、9位「役所広司」(43位)、10位「佐々木希」(4位)だった。

   2012年はAKB48グループの篠田麻里子、高橋みなみ、板野友美、小嶋陽菜、渡辺麻友、柏木由紀、前田敦子らが上位にずらりと並んだが、昨年のトップ10には大島優子と島崎遥香だけになった。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中