保田圭「つんくから手紙。『ガン』の文字を見た時はショックだったけど、文章は前向きで明るかった」

印刷

   元「モーニング娘。」の保田圭(33)が、喉頭がんの治療を受けるつんく♂(45)から手紙をもらっていたと3月7日(2014年)にブログで明かした6日朝に手紙を受け取り、「とても驚いていますし ガンという文字を見た時はショック」だったが、手紙の内容は「とても前向きで明るいもの」だったという。

   手紙には「歌えることへの感謝、ステージに立てることへの感謝、ファンの皆様への感謝…忘れずに歌ってほしい」と書かれていたといい、つんくが安心して治療にのぞめるよう「教えて頂いたことを大切に更に頑張っていきたい」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中