「マレーシア航空不明」テロか情報機関の謀略?緊急信号なく突然レーダーから消失

印刷

   外国航空機の事故では「日本人搭乗客がいなかった」と分かった時点で、日本のメディアは続報に熱心でなくなるが、「盗難パスポートの不正使用」などが明らかになったことで、「消えたマレーシア航空機」のナゾが一気にクローズアップされている。けさ10日(2014年3月)の「スッキリ!!」が挙げた主な可能性は次の3点――

(1)気象の影響
(2)機体や機内のトラブル
(3)テロの可能性

気象や機体トラブルなら2、3秒で連絡可能

   3つのうちの可能性について、元日本航空機長で航空評論家の小林宏之さんは「現場空域は積乱雲は発達しますけど、他の空域と比べてとくに危険で難しいということはありません」という。で、(1)は消えそう。また、(2)についても「(何らかの異常があった場合)、遭難信号は2、3秒で打てる。さらに口で『メーデー』と言って伝えることもできます」

米中が必死に捜索

   ということはテロの可能性が強まる。航空評論家の青木謙知さんは「飛行機全体を一瞬で吹き飛ばすような大きな爆発なら、パイロットも地上に異常を伝えられない」と見る。

   ただ、小林さんはテロ説には否定的だ。「9・11以降、セキュリティーは非常に厳しくなっています。爆発物を機内に持ち込むことはまず不可能じゃないでしょうか」

中国・習近平体制への牽制か

   では、いったい何が起きたのか。勝谷誠彦(コラムニスト)は「中国では習近平のデビュー戦となる全人代が開かれている。そういう時期に昆明で人を切りつける事件が起き、なおかつ中国人をたくさん乗せた飛行機が不明になった。そんなに偶然とは思えない。狂信的なテロリストじゃなくて、情報機関がやろうとすれば、できないことじゃない」と話す。習近平体制を揺さぶるためのどこか「謀略」という見方もできるというのだが、とにかく機体を見つけてフライトレコーダーなりを回収しなければ真相の解明は進まない。

   「面白いのは、当事国はベトナムだったりマレーシアでしょ。でも、アメリカと中国両方が艦艇を派遣してますよね。これはブラックボックスの回収戦ですよ。証拠をどっちが先に握るかという争いが始まってますね」(勝谷誠彦)

   中国もアメリカも単なる事故、テロとは見ていないということだろうか。

ヤスベエ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中