STAP細胞「ずさん論文」成果主義・開発競争で不確かなまま発表

印刷

   理研の小保方晴子ユニットリーダーらが1月下旬(2014年)に発表し、生物学の常識を覆す世界的な新発見といわれたSTAP細胞だったが、その後は論文の写真や記述における「不備」が次々と明らかとなった。共同研究者の若山照彦・山梨大教授も論文をいったん取り下げ、研究を検証して、どこからも文句の出ない論文として再度発表すべきだと主張した。

研究成果そのものが否定されたわけではない!?

   夢の万能細胞としてのSTAP細胞の存在は日に日に不確かなものとなっているが、STAP細胞の今後はどうなるのか。2月に若山に取材したという科学ライターの緑慎也氏は「STAP細胞が完全に否定されたとは見ていないと思います。ただ単に不備がすごく多い」と話している。不備が多い背景には、科学界の成果主義、競争によって早く論文を出さなければいけないというプレッシャーがあると指摘した。

捏造ではない

   羽鳥慎一キャスター「決して捏造ではなくて、発表を焦るあまりに100%検証する前に発表してしまったというところだと思う」

   STAP細胞の「再生」に(一縷の?)望みをかけていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中